未経験で占い師になりたいなら電話占いが最適 | 占い師募集・電話占いピュアリ

未経験で占い師になりたいなら電話占いが最適

思春期に友達同士で、占いや心理ゲームにはまったという経験のある人は多いでしょう。今は「特に占いには興味がない」と思っていても、朝の情報番組などで運勢が出ると、つい自分の星座を気にしてしまいますよね。

ところで、これらの占いは、一部の特殊な能力を持った人にしかできないものなのでしょうか。
占い師に診断してもらうと、言葉がすんなり心に入ってきたり、今の自分の状況にぴったりとあてはまっていたりします。これには、生まれ持った能力も関係していそうですが、占いを学び、たくさんの人を占ったことで養われた能力ともいえるでしょう。つまり、今までまったく占いの勉強をしてこなかった人でも、努力次第で占い師になることは可能なのです。

「占いの経験はないけど、占い師になってみたい」「占い師って楽しそう」という気持ちで占い師を目指すのであれば、電話口で相談者の話を聞く「電話占い」がおすすめです。そこで今回は、占い未経験の方に向けて、「電話占いとはどのようなものなのか」「どうやって占い師になればいいのか」を簡単にご紹介します。

対面から電話へと広がりを見せる、現在の占い形態

占い師といえば、街中にお店などを構え、診断を受けたい人がやって来るのを待つというイメージがありますが、現在の占い師は対面での診断だけではなく、電話やメールといった媒介を通して占いをすることも増えてきました。「電話やメールで占い?」と思うかもしれませんが、電話占いは「顔が見えないため、話しやすい」という理由で人気を集めています。

占いは、相談者が「どのようなことに悩んでいるのか」「何を解決したいのか」を聞き出すことが何よりも重要です。つまり、手相占いなど極一部の方法以外は、必要な情報さえ得られれば占うこと(鑑定や診断も)ができます。

占ってほしいけど「人と会話をするのが苦手」「言いたいことをうまく話せない」「緊張する」という自覚がある人は、たとえ悩みがあっても占い師のもとを訪れません。また、忙しくて訪れる時間が取れない人もいます。わざわざ足を運ぶのではなく、その場ですぐに話を聞いてもらいたいこともあるでしょう。

このように、何らかの理由で対面占いに気後れしている人に「気軽に利用してもらいたい」という思いから、「電話占い」が確立されたのです。

電話占い師って何をするの?

では、実際の電話占い師の仕事はどのようなものなのでしょうか。

基本的な仕事は、対面の占い師同様、占いや鑑定、診断を利用して相談者の悩みやトラブル解決の手助けをすることです。まずは相談者の話をしっかり聞いて、得意とする方法で運勢やトラブルの原因、その解決方法を占ってアドバイスを送ります。

ほとんどの場合、職場は自宅ですから、開店・閉店作業やお会計などの業務は発生しません。空いている時間を有効活用できる仕事ということもあり、昼間は普通に仕事をして、退社後(帰宅後)に副業として電話占いをしている方も少なくありません。

電話占い・イメージ

電話占い師になるメリットデメリット

電話占いをすることは、もちろん良いことばかりではありません。電話占い師になることのメリットとデメリットについても、しっかりチェックしておきましょう。

<メリット>

  • ランニングコストが少ない
  • 時間を有効活用できる
  • 仕事の掛け持ちが可能

開業にあたっての費用が掛からないことは一番のメリットですね。家賃や光熱費は元々生活費の一部で、新規の支出は基本的にかかりません。このため、仮に占いによる収入が少なくても廃業のリスクはほぼないといえるでしょう。

相談者から電話がかかってくるまでの時間は、家事をこなすことができる点もポイントです。ほかの副業の場合、あまり待ち時間が発生しませんので、家のことはどうしても後回しになりがちです。電話占いは、相談者からの電話を受けてから仕事が始まるため、空いた時間を活用できるのです。

さらに、電話の受付時間(待機時間)をみずから設定することで、ほかの仕事にバッティングさせずに働くこともできます。会社勤めやアルバイトをしながら、占い師のスキルを磨くことができるため、未経験の人でも安心して取り組めるでしょう(もちろん、占いに必要な知識や技術が備わっている=勉強していることは必要です)。

リピーターを獲得したり、口コミなどで良い評価をされたりすると、安定した収入が見込める点も見逃せません。初めは副業としてスタートしたものの、その後、占い師として独り立ちを目指す人もたくさんいます。

<デメリット>

  • 相談者の顔が見えない
  • リピーターを作りにくい
  • いつ電話がかかってくるかわからない

電話占いでは相談者の顔が見えません。このことは相談者と占い師双方にとってメリットでもありますが、実は大きなデメリットでもあります。最大のポイントは、表情やしぐさなどから相談者の気持ちを察することが不可能なことです。そのため、対面の占い以上に相手の気持ちを読み取り、共感するスキルが必要となってきます。また、顔が見えない分、信憑性に欠けるという意見もあるようです。電話越しでも納得してもらえる言い回しや、しゃべり方に気を配らないといけません。

そして、固定客の獲得に悩む占い師が多いことも事実です。顔を合わせて話をすると占い師に親しみを感じやすいのですが、電話越しの会話で親近感を持ってもらうことは至難の業。しかし、リピーターになってもらわないと、アドバイスの結果どうなったのか(問題が解決したのか)がわかりません。このことが占い師としての「やりがいに欠ける」と感じてしまう場合もあります。繰り返し相談してくれる人が少ないことは、収入が不安定になるだけでなく、モチベーション維持の観点でもマイナスでしょう。

また、いつ電話がかかってくるのかわからないことも不安要素です。誰でも、知らない人からの電話に出るのは緊張するものです。しかも、電話の内容は悩みやトラブルの相談で、それを解決してあげる立場ですから、その緊張感は経験者にしかわからないレベルといえます。電話占い師を続けていくには、対面式の占い師よりもメンタルな強さが必要になるでしょう。

どうやって電話占い師になればいいの?

では、未経験の人が電話占い師になるにはどうすればいいのでしょうか?

まずは占いの勉強をしなくてはいけません。とはいえ、占い師に資格などは必要ありません。独学で勉強したり、占い師や占いの館が開いているスクールに通ったりして、知識とスキルを身に付けましょう。実際に、家族や友人を相手にトレーニングをすることも大切です。

電話占い・イメージ

占い師としての知識やスキルが身に付いたと感じられたら、電話占い師の求人を探します。
電話占いを提供している会社はたくさんありますが、中には占い師としての実績がないと登録できない場合もあります。未経験者OKなどの条件を追加して検索し、いくつか候補をしぼって比較・検討するようにしてください。

その後、書類審査やオーディションをクリアし、登録を完了したらついに占い師デビューです。相談者からの電話を受けられる日時(待機時間)を提出し、その時間内は電話がかかってくるのを待ちます。電話がかかってきたら相談者が何を知りたいのか、悩みやトラブルがあるのかといったことを聞き出し、占いをします。

電話占いでは、相談者と通話した時間によって受け取る報酬が変わります。金額を決める方式は、1分あたりいくらという「分給」の場合がほとんどで、大半の会社は、繰り返し経験を積むことで1分あたりの単価を上げてくれます。まずは会社に所属して経験を積み、リピーターの獲得を目指しましょう。

所属する電話占い会社はどうやって決める?

たくさんの電話占い会社の中から、所属する会社を選ぶ基準はあるのでしょうか。チェックすべきポイントをまとめてみました。

◆運営状況はどうなっているか

電話占いは自宅で電話を受けるため、登録した会社に出社する必要がありません。その分、会社の実態がわかりにくいので、登録前に運営会社の実態や経営状況を確認するようにしましょう。所属占い師を増やすために良いところばかりをアピールしている会社もありますので、サイトの宣伝文句に惑わされず、利用者数や売上、占い師への報酬がどうなっているのかを調べるようにしてください。

◆占い師へのサポート体制はどうなっているか

仕事として働く以上、報酬のことが気になるのは当然ですが、そのほかのサポート体制がどうなっているのかも確認しておきましょう。表から見えにくい部分ではありますが、しっかりした会社はサイトに待遇やサポート体制、独自のしくみなどの情報を掲載しています。また、所属している占い師のコメントから見えてくる部分もあるでしょう。
ちなみに、ピュアリでは「ランクアップシステム」を導入することで業界最高水準の報酬を実現しています。ほかにも、専属スタッフにシフト管理や相談者へのフォローを任せることで、占いだけに集中できる環境づくりにも注力しています。

◆兼業は可能か

最初は、電話占いのみで生活をするのは難しいかもしれません。対面での占いやその他の仕事を掛け持ちして、生活費を稼ぎたいと思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、会社によっては掛け持ちやダブルワーク不可という条件を付加している場合があります。収入が不安定になりがちな電話占い師にとって、兼業が可能かどうかは重要なポイントですから、必ずチェックするようにしましょう。

◆利用者の口コミもチェック

占い師だけではなく、相談者の口コミもチェックするようにしましょう。会社によっては一部の人気占い師に相談者が殺到していて、大半の占い師は口コミすらないというケースもあります。ひっきりなしに電話がかかってくる人気占い師以外の占い師でも、ちゃんと相談を受けられるしくみになっているのか、その頻度はどのくらいなのか、利用者の口コミの内容や投稿された日付から判断することが可能です。

電話占い師という可能性

占い師という言葉を聞くと、相談者と向かい合うベールを被った女性や、街角で「占」の文字を掲げているベテラン、大きな街に必ずいる○○の母など、対面式の占いを思い浮かべる方が多いでしょう。しかし、携帯電話の普及もあって、「人と会わずに占うことができる」ようになりました。

相談者のことを占う側も、面と向き合うことにプレッシャーを感じてしまう方が一定数いることは否めません。職業としては「名乗った時点で」誰もがなれる占い師ですが、未経験からスタートするのはたいへんです。そこで、占いのスキルを確立するまで「電話占いで経験を積む」という選択をする方が増えています。

また、対面占いでは、お店や街頭で相談者が来るのを待たないといけませんが、電話占いでは家事や在宅ワークをしながら待つことができます。つまり、電話占いの出現は、占い師の働き方にも新たな可能性を切り開いたのです。副業として、お小遣い稼ぎとして、あるいは将来は占い師として一本立ちを目指す方、対面には自信がない方…。まずは、電話占いでデビューを目指してみませんか?ピュアリでは、新たな道に挑戦する方をいつでもお待ちしております。

まずは下記からご応募ください

TOPへ移動