実力以外も大切?信頼される占い師の条件! | 占い師募集・電話占いピュアリ

実力以外も大切?信頼される占い師の条件!

占いの知識やスキルがあり、仕事にしてみたい人はピュアリで占い師を目指してみましょう。しかし、占いの実力以外にも占い師の人気を左右する要素は少なくありません。この記事では、人気占い師の条件について解説します。

向上心があり占いのスキルを磨ける

占い師には「生まれながらの才能」も必要です。「オーラを感じられる」「霊視ができる」などの能力は占い師の資質によるものが大きく、「なるべくして占い師になった人」はたくさんいます。ところが、こうした「才能のある占い師」が必ずしも人気になるかというと、そうとも限りません。元々の才能に甘えて努力を怠ってしまうと、占い師として伸び悩んでしまいがちだからです。また、占いでは感覚的に相談者と対峙するだけでは、相手を満足させられません。占い師自身が感じたことを言葉にして、相談者を導いてはじめて、評価を得られるのです。
以上をふまえて、人気占い師を目指すなら日々の鍛錬を欠かさないようにしましょう。集中力を上げるためのメンタルトレーニング、日常生活でのリラクゼーションなどは非常に重要です。また、不摂生が続くと占い師の精神状態が悪くなり、占いの精度にも影響をおよぼします。規則正しい生活を送り、ストレスがたまらないように気をつけましょう。体調も集中力、精神力を左右するポイントです。自己管理を徹底し、常に万全のコンディションで相談者と話ができるように心がけます。そのうえで、トークスキルも磨き、相談者と円滑に話せるようになれば「当たる」だけでなく、「人気のある」占い師になれる可能性が出てきます。

「話し上手」だけでなく「聞き上手」になる

占い師に相談をして来る人は、大きな不安や悩みを抱えています。そのため、占い師の言葉にはじっと耳を傾け、「教えを乞う」ように接してくる相談者も少なくありません。その結果、占い師が話している時間が長くなり、一方的にアドバイスをして予約時間が終了しがちです。しかし、そんな占い師に対して、相談者が不満を覚えることもありえるのです。相談者は話を聞くだけでなく、「話をする」ことによってストレスを解消できます。占い師が中心に会話を進めてしまうと、「話を聞いてもらえなかった」という後味の悪さが残ります。
何より、相談者が話をしてくれなければ、占いの精度も高まりません。相談者から引き出せる情報が多ければ多いほど、占いが当たる確率は上がります。また、相談者が会話を通じて心を開いてくれるぶん、スピリチュアル系の占いを進めやすくなります。人気占い師の多くは、「話し上手」であるだけでなく、「聞き上手」です。相談者がリラックスして話せるような包容力を持ち、的確な質問や相槌で話を促していきます。「話しすぎる」占い師は相談者を威圧しかねません。おおらかな態度で相談者が自由に話してくれる環境を整えてみましょう。

個性的な占いスタイルを確立する

ある女性相談者の体験談です。彼女は、不倫相手との関係に悩んでいて知り合いに相談することもできず、電話占いに助けを求めました。ところが、担当してくれた占い師は彼女を罵倒し、批判的な意見をぶつけてきたのです。とても「占い」には思えず、彼女は号泣し、すぐに電話を切ろうと思いました。しかし、涙を流しているうちに自分が「本音を包み隠さず話せる状態になっている」と気づきました。そして、言い訳や自己弁護をせず、ありのままの情報を占い師に伝えたところ、非常に詳細なアドバイスを占い師からもらえたのです。
これは極端な事例かもしれませんが、人気占い師は往々にして個性的なスタイルを確立させています。単に優秀な占い師はたくさんいますが、相談者の印象に残らなければリピートをしてもらえません。だからこそ、占い師は自分のスキルや性格を見つめながら、他人に真似できないスタイルを考案していきます。注意したいのは、「無理のあるスタイル」に流されないことです。占い師自身の人間性からかけ離れたスタイルでは、やがてボロが出てしまいます。「正直な性格」「相手を思いやれる性格」などと自己分析し、自分に合ったスタイルを発展させて相談者にインパクトを与えましょう。

普通すぎても特別すぎてもNG

人気占い師には多少なりとも「ミステリアスな部分」があります。気さくで親しみやすい性格は大切ですが、あまりにも相談者との距離感が近すぎると特別視されなくなってしまいます。占い師は「普通ではない人間」だからこそ、相談者がアドバイスを求めたいと思ってくれるのです。相談者の期待に応えられるよう、占い師が自分をさらけだしすぎないように心がけましょう。たとえ話をするときも、テレビ番組や芸能スキャンダルなど、俗っぽい引用元ばかりでは特別感が薄れます。知識は豊富に身につけ、相談者が知らない情報を教えるなどすると信頼を得やすくなります。
ただし、「特別感」だけを追求すると人気が出にくくなるのが占い師の難しいところです。相談者が「話が複雑すぎる」「会話をしていて緊張する」などの感想を抱くと、リピートしてくれなくなってしまいます。話している内容は高度でも、あえて平易な言葉に置き換えて、相談者の理解が追いつくように工夫しましょう。そして、謙虚な姿勢を保つようにします。自慢話をしたがる占い師は、どんなに能力が高くても近寄りがたくなってしまいます。高度な占いでもさりげない調子で伝えるようにすると、相談者の心をつかめる可能性が上がるでしょう。

電話占いではセルフプロデュースを

占い師側にとって、ピュアリなどの電話占いには「自分が一番集中できる環境で働ける」「本業との掛け持ちがしやすい」などのメリットがあります。しかし、電話占いでは相談者と対面できないぶん、会話だけで結果を残さなければいけません。また、占いの内容だけでなく、占い師としてのキャラクターも人気を獲得するための大切な要素です。ビジュアルによるセルフプロデュースができないだけに、「どんなスタイルで占いをするか」を真剣に考えておく必要があるでしょう。
人気占い師になるには、とにかく日々の鍛錬を続けなくてはいけません。そして、相談者の気持ちを最優先し、「相手の話を受け止める」姿勢を持ちます。親しみやすさは保ちつつも、しっかり「すごい人だ」と相談者に思わせるような接し方も大切です。人気占い師になれば口コミが広がったりメディア露出が増えたりして収入アップにもつながるため、研究を怠らずにスキルとキャラクターを磨きましょう。

TOPへ移動