占い師になるためのオーディション対策とは | 占い師募集・電話占いピュアリ

占い師になるためのオーディション対策とは

占い師になるためにオーディションや面接が設けられていることがあります。才能や実力があってもオーディションで落とされてしまう占い師は少なくありません。この記事では、占い師志望者のオーディション対策を解説していきます。

そもそもオーディションでは何をする?

まずは占い師募集に応募するところからオーディションは始まります。インターネットの専用ページから、入力フォームに登録するケースも珍しくありません。「占い師としての実績」「得意な占い」「氏名などの個人情報」「自己PR」などを記入し、連絡を待ちます。そして、応募内容がサービス側の希望と合致すれば、電話面接へと進みます。対面占い師を目指すなら直接、担当者と顔を合わせる面接もありますが、電話占いであれば自宅から受話器を通して質疑応答がおこなわれます。そして、面接で問題がなければ「実技試験」を受け、合否を判断されます。サービスによって微妙に違いはあるものの、おおまかな流れは以上です。
オーディションで全体的に気をつけたいのは「社会人としての常識を踏まえる」ことです。当然のポイントではあるものの、占い師には個性や神秘性も求められるため、「奇抜な言動をしたほうが受かりやすくなる」と勘違いしがちです。しかし、占い師といえども「組織に属するサービス業」に変わりはありません。最低限のマナーを守れない人は、オーディションの初期段階で落とされるリスクが高いでしょう。記入情報、提出書類があれば不備なく、丁寧な文章を心がけます。また、提出期限を守ったり、スケジュールに遅れたりしないのも大切です。

オーディション担当者が見ていること

占い師のオーディションで、担当者が気にしているポイントはまず「話し方」です。占い師の中には、「饒舌でスラスラと話せるのがいい」と思い込んでしまっている人もいます。もちろん、そうしたスタイルで人気の占い師もいますが、多くの担当者は「饒舌さ」よりも「落ち着き」を重要視してオーディションを見ています。特に、ピュアリのような電話占いサービスでは、落ち着いた話し方の占い師が好まれる傾向があるでしょう。なぜなら、占い師は相談者に「安心と信頼を抱かれなければいけない」仕事だからです。饒舌すぎる占い師は高圧的な印象を与え、相手を不安にさせがちです。ゆっくり、相手を包み込むように話せる占い師の方が、声に説得力が出ます。オーディションでは「落ち着き」を意識するのが肝心です。
そのほか、「コンセプト」も大切なポイントです。どんなに優秀な占い師でも、サービスのコンセプトからかけ離れていれば、担当者から高評価は得られません。とはいえ、サービスに合わせて個性を曲げてしまっても占い師の実力は発揮できないでしょう。そこで、オーディションを受ける前にサービスのコンセプトをしっかりリサーチします。そして、自分の特色に合いそうなサービスにしぼってオーディションへと申し込むようにしましょう。

占い師がオーディションを担当していたら

あらゆる仕事において、オーディションや採用面接では「嘘をついてはいけない」といわれます。占い師も例外ではありません。オーディション担当者は知識も経験もかねそろえたスタッフであり、あさはかな嘘はすぐ見破ってしまいます。嘘が発覚すれば、「信用できない」と思われ、オーディションに合格する確率は大幅に下がります。そして、占い師オーディションでは先輩占い師が面接官や試験官を務めるケースも少なくありません。同業者には、占い師としての実力や経験が手にとるようにわかります。志望者は自分を偽るのではなく、ありのままの自分をぶつけて勝負するのが理想でしょう。
占い師がオーディション担当の場合、「実力以上の受け答えをする」のは厳禁です。たとえば、はっきりとは見えていないのに「守護霊がいる」「強いオーラが見える」などとは言わない方が無難です。そのかわり、「何も見えません」と言うだけでは評価されないので、「占いについての知識が豊富」「親身になって相談に乗れる」など、最大限のPRはおこないましょう。もちろん、オーディションでも本当にスピリチュアル系の能力を発揮できたなら、正直に告げるのはかまいません。ちなみに、電話占いでは制限時間内で相手の話を聞き、アドバイスを送るまでのスムーズさを見られているので、実技試験では時間配分にも気をつけましょう。

未経験者にとってのオーディションの心得

ある女性が電話占いを予約したときの体験です。彼女は、「恋人が浮気しているかもしれない」という深刻な話を占い師にしようとしていました。ところが、占い師は彼女の話に上の空なまま、口調もなんだか棒読みのようでした。実は、担当の占い師はキャリアが浅くて、まだ緊張が抜けきれていなかったのです。占い師なら冷静にアドバイスをくれるはずと信じて電話をした彼女は、裏切られたような気持ちになりました。
占い師にとって、「緊張」や「焦り」が相談者に伝わる事態は致命的です。相談者は占い師の人間性も含めて信頼を寄せ、話に耳を傾けてくれるのです。未経験者が占い師オーディションを受けるときは、「まだ慣れていないから仕方ない」と思わず、プレッシャーが表情や声に出ないように努力しましょう。特に、声だけでやりとりをする電話占い師は、「インテリア」「BGM」「衣装」といった演出がないため、緊張が相談者に伝わりやすい特徴があります。一般論として、人は緊張すれば話のテンポが速くなったり、声が高くなったりします。実技の際には、ゆっくりしたテンポでお腹から声を出すように意識すると、冷静なトーンを保ちやすくなるでしょう。

オーディションでは事前の対策が肝心

占い師は才能だけで採用される仕事ではありません。その能力を相談者に伝えるテクニックがそなわっていてはじめて、仕事として認められます。そして、占い師が「相談者と話すに相応しいか」を見極めるための機会がオーディションです。後悔のないよう、オーディションには対策を練ったうえで参加しましょう。占い師オーディションでは「話し方」「コンセプトの一致」など、見られているポイントは事前に予想ができます。たとえば、電話占い師のオーディションでは「落ち着いた声でテンポよく話せるか」が重要です。自分の資質に合ったオーディションを見つけられると、より占い師への道は近くなります。

TOPへ移動