占い師としてメディア出演する方法 | 占い師募集・電話占いピュアリ

占い師としてメディア出演する方法

占い師にとって「メディアに出る」のはさまざまなメリットを得られるチャンスです。そのためには、実力以外にも本人の努力が必要です。この記事では、占い師がメディアに出るために押さえておきたいポイントを解説します。

メディアに占い師が出演するメリットとは?

占い師がメディアに出る大きなメリットは「知名度アップ」でしょう。多くの相談者が予約してくれて、収入が増えたりモチベーションが上がったりします。たとえば、主婦のAさんは今まで占いを利用したことがなかったのですが、人間関係のトラブルで思い悩み、電話占いに相談することを決めました。しかし、占いに詳しくないAさんにはどのサイトも同じに見えます。そんなとき、ピュアリというサイトをのぞいてみるとテレビ番組や雑誌に出演している占い師がたくさんいました。Aさんはピュアリの人気占い師を予約し、立ち直るきっかけをもらえたそうです。このように、メディア出演は「ふだん、占いに興味がない層」にまで名前を知ってもらうチャンスです。占い師としての大きなキャリアアップにつながるでしょう。
また、「占い師としての目標」を叶えるためにもメディアは利用できます。占い師にとって収入も大切ですが、「本を書きたい」「特殊な問題を抱えた人たちの力になりたい」など、それぞれの目標を叶えることも大切です。メディアで知名度を獲得すれば、協力者やスポンサーが得られて目標実現へと近づける場合があります。占い師として活動するつもりなら、メディアにどうやって進出するかも念頭に置くようにしましょう。

どんな占い師がメディアには向いている?

すべての占い師がメディアに出て結果を残せるわけではありません。自分では「メディアに出たい」と強く願っていても、いざ機会が回ってきたら何もできずに終わってしまう占い師もいるのです。メディアには「向き・不向き」があります。まずは、自分のメディアへの適性を探ってみるといいでしょう。まず、メディア向きの人は共通して「トークスキル」が高く、「プレッシャーに強い」特徴があります。タレント業と占い師を兼業している人が人気なのも、メディアで物怖じせずに話せるだけの精神力があるからです。まずは、人が多い場所でカメラを向けられても平常心を保てるだけの自信を身につけましょう。
次に、「メディアに出ても飾らないこと」です。占い師がメディアに出るのはそれ自体が目的なのではなく、あくまで本業への還元を求めての行為です。そのため、せっかくメディアを見た相談者が予約を入れても「テレビで見た雰囲気と違う」と感じてしまったら、むしろイメージはマイナスになります。メディアでも背伸びをせず、ふだんどおりに振舞えるなら、メディアへの適性は高いといえます。そのほか、「メディア制作サイドの意図を読んで行動できる」「要点をまとめた印象的なコメントを残せる」なども、メディアに合った占い師の条件です。

メディア出演までの具体的な道のりとは

占い師がメディア出演を目指すといっても、がむしゃらにテレビ、雑誌へと声をかけて取材してもらえるケースはごくまれです。まずは、メディアに合った「占い師像」に近づけるよう、自分自身をブランディングしましょう。なかでもシンプルなブランディング方法は、「人気占い師になること」です。占い業界での知名度が上がれば、自分から取材を依頼しなくてもメディアの方から寄ってきてくれます。そもそも、いくらタレント性が高くても実力のともなわない占い師には取材させるだけの価値がありません。本業のスキルを磨くのは、メディア出演を夢見るうえでの大前提です。
そこから、「個性的なキャラクターを考案する」「独自の占い方法を開発する」など、メディアが飛びつくような「ネタ」を散りばめるように工夫しましょう。そして、「最初からメディアからの注目度が高い占いサービスで働く」のもひとつの方法です。電話占いのピュアリなどは、元からメディアで大活躍している占い師が数多く在籍しているため、採用された時点で自身も大きな注目を集められます。有名なサービスだけにオーディションの難易度は決して低いとはいえませんが、合格した際には占い師のキャリアで大きなアドバンテージを得られます。

注意!占い師がメディアに出るデメリット

占い師がメディアに出るデメリットも気をつけたいところです。たとえば、メディアでの言動は非常に多くの人に知れ渡ります。発言がゆがめて伝えられたり、誤解を生んだりすることもあるでしょう。あるいは、占い師自身の失言してしまった内容が、メディアに取り上げられる恐れもあります。こうした報道は、ほとんどネガティブキャンペーンになりかねません。占い師がメディアで好印象を残せばステップアップになるものの、嫌われてしまえばむしろキャリアは後退します。メディア出演にはリスクもつきまとうと覚えておきましょう。
また、メディアで人気者になると占い師としての生活に支障をきたす場合が出てきます。スケジュールはメディアで埋め尽くされ、肝心の占いをおこなう時間がなくなっていくのです。一時的に収入を増やしたいなら、それでもかまいません。しかし、「占い師としての実力があるからメディアにも需要が生まれる」のが本来の構図です。占いの仕事が適当になり、相談者からの評価が下がると、メディアからも呼ばれなくなっていきます。何のために占い師がメディアに出るのかをしっかり踏まえたうえで、優先するべきは本業なのだと肝に銘じておきましょう。

メディアを利用して知名度を高めよう

占い師として成功するには、「知名度アップ」が不可欠です。「この占い師でなければ嫌」「他の占い師には相談したくない」と思う相談者が増えるからこそ、占い師としての仕事は安定していきます。また、有名になることで自分の理想を実現できる可能性も高まっていくでしょう。「独立して自分の占いの館を持つ」「本やDVDをリリースする」などの計画も現実味を帯びてきます。
知名度を上げるためには、メディア露出が有効です。まずは占い師としての腕を磨き、メディアに注目されるよう努力をするのが肝心です。そのうえで、メディア出演に対応できるようなトークスキル、人間性を日頃から磨いておくと、チャンスが転がってきたときにも冷静に対応できます。そして、メディアに出たからといって占い師の本分は忘れず、仕事に取り組みましょう。

TOPへ移動