何をするの?電話占い師の仕事を徹底解説! | 占い師募集・電話占いピュアリ

何をするの?電話占い師の仕事を徹底解説!

電話占い師に興味があっても、自分にできるかどうか不安に思う場合もあるでしょう。仕事として何をするのか知っておくと、具体的にイメージすることで判断しやすくなります。そこで今回は、電話占い師の仕事について詳しく解説します。

仕事内容の概要!話術とヒアリングが重要

電話占いとは、その名のとおり電話を介して行う占いです。利用者の話を電話越しに聞いて、その情報をもとに占術を用いてアドバイスをするのが仕事の概要です。対面するのではなく、場所を選ばずに占いを提供していくことになります。場所に縛られないのはメリットですが、その代わりに会話によってすべてを成立させなければなりません。もともと話術は占い師にとって大切なスキルですが、電話占いにおいては重要度がいっそう高くなります。カードやジェスチャーを用いたコミュニケーションができないので、話術だけで満足してもらえるように工夫をする必要があります。
また、利用者の顔色やジェスチャーも見られないので、言いたいことをくみ取る能力も大事です。電話越しにしっかりヒアリングをして、相談内容の本質を見極めなければなりません。

元気を与えるために電話越しにアドバイス

終了時に利用者が元気になっているかどうかが、電話占いの仕事の成否を判断するわかりやすい基準になります。最初は落ち込んでいたのに、占いによって明るくなってくれたら成功したと考えて構いません。言い換えると、利用者を元気にさせてあげることが、電話占い師の大切な仕事の一つということです。電話をかけてくる人は、多かれ少なかれ心に悩みや迷いを抱えています。なかには途方にくれて泣いているようなケースも見受けられます。そのような状態で頼ってきた利用者に、前向きになれる希望を与えることは電話占い師の重大な役割です。
自分の占いとアドバイスによって、少しずつ元気を取り戻していくのを実感できると、仕事のやりがいを感じられるでしょう。明るくなった利用者の声を聞くのが嬉しくて、電話占い師を続けている人も多いです。

責任のある仕事!決断の代行やサポート

対面では言いにくいデリケートな問題でも、電話だから勇気を出して相談できたという体験談がインターネット上にはたくさんあります。本音で相談しやすいので、一時的な感情の落ち込みではなく、非常に大きな問題に直面して電話をかけてくる人も珍しくありません。たとえば、結婚や離婚を自分で決断できなくて迷った挙句、判断を仰ぐために電話占いを求めるようなケースです。そのような人生を左右する問題の解消に貢献できることは、電話占い師の仕事の醍醐味といえます。しかし、同時に非常に大きな責任を背負っていることも忘れてはいけません。
利用者の人生の決断を任されていることを自覚したうえで、誠実な気持ちで向き合うことが求められます。このように、大きな選択の決定を代行したりサポートしたりすることも重要な仕事です。

良い聞き手に徹することも仕事のうち

長電話をするのが好きな人もいるのではないでしょうか。仲の良い友人や恋人と電話をしていると、つい時間を忘れてしまうことがありますよね。電話でおしゃべりするのが大好きという人が、電話占いを利用すると、なかなか占いが始まらない場合があります。ひたすら自分の体験したことや恋愛事情を話し続けるので、電話占い師はそれを聞き続けることになるのです。話し相手になってもらうのが主な目的で、占ってもらうのはオマケ程度に考えているようなケースも見受けられます。
占わなくて良いか不安に感じるかもしれませんが、利用者が話すことを望んでいるなら、それを聞くのが電話占い師の仕事です。結局ほとんど占いをしなくても、おしゃべりできたことに満足して後日また電話をかけてくることもあります。このように、良い聞き手になってあげることも仕事であると考えておきましょう。

カウンセラーの役割を求められることも

カウンセラーのような一面があることも、電話占い師の仕事の特徴といえます。もちろんプロのカウンセラーのような心理学にもとづく専門的な技術は不要です。しかし、励ましてもらったり癒されたりしたくて、カウンセラーに相談するような感覚で電話をかけてくる利用者もいることを知っておく必要があります。同時にカウンセリングと占いの違いも理解しておくことが大切です。カウンセリングは心理面の改善を促すのであって、悩みに対して具体的な答えを提示する必要はありません。一方で占いは、鑑定によって明確な答えを提示しなければなりません。
利用者に励ましや癒しを望まれていると察知した場合でも、カウンセリングのまねごとを行うのではなく、電話占い師としてアプローチすることが大切です。どういった答えが励ましや癒しにつながるのかを予想して、具体性のある行動指針を指し示します。

意外と幅広い?電話占い以外の仕事も可能

電話占い師になると、電話を使った占いしか仕事がないと考えていませんか。実は電話占い師として働いている場合でも、他の仕事を手掛けることがあります。たとえば、占い会社のピュアリに電話占い師として登録した場合、占い関連の仕事をいろいろ紹介してもらえます。テレビやイベントの出演、雑誌のコラムの執筆など仕事の幅は広く、全面的にバックアップしてもらえるのです。すなわち、電話占い師であっても、収入の増加やカリスマ占い師を目指して、仕事のバリエーションを増やしていけるということです。
そのようなキャリアアップの方法が用意されているとわかると、向上心を持って仕事に励める人も多いでしょう。
もちろん、電話占い一筋で続けていきたいなら、専門家として腕を磨いていくという選択をしても、まったく問題はありません。

活躍のチャンスは大!前向きなチャレンジを

一般的な占い師の仕事と異なる点も多いため、最初は戸惑うこともあるかもしれません。とはいえ、自分の占術によって利用者の状態を改善するという本質は、他の占い師と共通しているので難しく考えなくても大丈夫です。もちろん最初はうまくいかない場合もあるでしょう。しかし、話術やヒアリングの能力は、仕事を続けているうちに自然と磨かれていきます。したがって、不安な面ばかりを意識するのではなく、電話占い特有のメリットに目を向けたほうが得策です。
たとえば、好きな場所で働けることや顔を合わせないので話しやすいことは、人によっては非常に大きなメリットになるでしょう。育児で忙しかったり緊張しやすかったりして一般的な占い師の仕事ができない人でも続けやすいです。このように活躍のチャンスが大きい仕事なので、ぜひ前向きな気持ちで挑戦してみてはいかがでしょうか。

TOPへ移動